『わたしの霊魂における 神のいつくしみ』【聖ファウスティナの日記】

  • 聖ファウスティナの日記

    聖ファウスティナの日記

「神のいつくしみの使者」である聖ファウスティナが聴罪司祭に命じられて書いた日記には、いつくしみに満ちた主との深い交流が記されてゆきました。
ユリアン・ルジツキ神父/相原富士子共訳
庄司篤神父 監修
聖母の騎士社 刊
A5判 782頁 カバー付
1905年ポーランドに生まれた聖ファウスティナは主イエスのご出現を受けました。
この聖ファウスティナの日記には、大変美しく、かつ現実的でありながら、神である主との親しい交わりの体験が生き生きと描き出されています。
聖女が私たちに語ってくださる「いつくしみのわざ」に、今耳を傾けたいと思います。
(ISBN 978-4-8821-6331-2)


※関連書籍
聖女の生涯を中心に語られる『神のいつくしみの使者 聖ファウスティナの生涯』(1,080円)もございます。

主イエスが聖ファウスティナに教えられた「神のいつくしみのチャプレット」(神のいつくしみへの祈りの花束)を祈るために用いる「チャプレット」や、聞きながら祈れるCD『神のいつくしみのチャプレット』もございます。

5,184円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索