『オプス・デイと聖ホセマリア・エスクリバー神父』

  • 『オプス・デイと聖ホセマリア・エスクリバー神父』

    『オプス・デイと聖ホセマリア・エスクリバー神父』

オプス・デイから頂いた資料を基に、分かりやすくオプス・デイおよび聖ホセマリア・エスクリバー神父様についてご紹介致します
いつくしみセンター発行
四六判 92頁 カバー付
最近小説や映画の影響で、「オプス・デイって何?」「聖ホセマリア・エスクリバー師ってどんな方?」、少し知っている方からは、「属人区って何?」などの質問をよく受けるようになりました。
オプス・デイの創立者ホセマリア・エスクリバー師は、「すべてのキリスト信者は、聖人になるように召されている」という神からのメッセージを伝え、各自の仕事、生活条件の中でキリスト教的徳を実践することを提唱しました。
オプス・デイは、司祭、信徒、未婚、既婚にかかわらず、あらゆる人びとを対象としており、その目的はまったく霊的なもので、あらゆる条件の人びとに、世間にいながら信仰に完全に一致した生活をするように勧めています。
(ISBN4-902144-05-0)

1,296円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索